カラー・アクティヴィティ・ハウス



金沢21世紀美術館
カラー・アクティヴィティ・ハウス
色の三原色ーシアン、マゼンタ、イエローの色ガラスの壁が、一点を中心に渦巻き状のパビリオンを形成している作品です。見る場所や見る人の動きによって光の領域が混じり合い、異なる色を通して人と風景に偶然の出会いをもたらしています。